家の床を守ってくれるコーティングの実力

list

フロアコーティングを利用するとどんなメリットがあるの?

フロアコーティングという言葉を聞いたことがありませんか?とはいえ、フロアコーティングを行うことでどのようなメリットが得られるのかわからない人もいるかもしれません。そこで今回はフロアコーティングを利用するとどんないいことがあるのかそのメリットを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。
フロアコーティングとは床を専用の薬剤でコーティングしていくことです。きれいな状態を保つことができるのがメリットです。床は人やペットが歩いたり、食べ物や飲み物をこぼしたり、家具の移動をするなどして傷や汚れがつきやすいのです。しかも面積が広いですから汚いと目立ってしまいます。
そこでフロアコーティングを利用すれば、床を衝撃や汚れから守ってくれます。何もしない状態よりもきれいな床を長期間保つことができるのです。面積の大きな床をきれいにしておくだけで家全体が明るくなります。まるで新築のように家が見違えるかもしれません。
フロアコーティングは家の大事な部分である床を丈夫できれいな状態に保ってくれます。フロアコーティングを行う際には、床の種類によって薬剤が決まっているため、素人が自己判断で行うのは危険です。ぜひプロの知識を持っている専門業者に依頼するようにしましょう。

フロアコーティングをすることによるメリット

人が生活する以上、床に傷が入ったりヘコみができる、汚れが目立つといったことが起こります。せっかく新築に入居しても数年で損耗してしまうとがっかりしてしまいますし、新しく張り替えるにも費用がかかるのでなるべく綺麗に維持したいと考えるものです。そんな床を保護するのに最適なのがフロアコーティングで、専用の塗料が床材の表面に膜を作って長期間きれいに保ってくれます。
フロアコーティングは戸建てやマンションなど、どのような住居でも対応可能で、新築住居での利用が多いですが、居住済みであっても施工は可能です。使用するコーティング剤や住居の状態によりますが、専門業者に依頼すれば当日で終わることもあります。フローリングを保護することが目的ですが、実は施工することによって様々なメリットを受けることができます。
床材の表面をコーティング剤で覆うため傷や汚れから守ることができますが、膜によって空気や水分も通さなくなるので、湿気に弱い床材が長持ちすることになります。また、コーティング剤には耐熱性や耐薬品性を持つものが多いため、食べこぼしやキッチンの油はね、洗剤をこぼすといったことになっても心配はありません。床材は塗膜で保護されており、コーティング自体が汚れを弾いてくれるので水拭きなどで簡単に汚れを落とすことができます。光を反射することから床がきれいに見えるだけでなく、部屋全体が明るくなるのも特徴と言えるでしょう。

news

TOP