コーティングは入居前に依頼

list

注目!フロアコーティングを行う時に注意することとは?

フロアコーティングをしたいけど色々と不安があるという人はいませんか?万が一フロアコーティングに失敗をして大事な床を傷めてしまったら大変ですよね。そこで今回は、フロアコーティングを利用する際に注意するべきことを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。
フロアコーティングを利用すれば床を傷や汚れから守ることができます。とはいえ、ただコーティングをすればいいというわけではないのです。床の種類によって使用するコーティング剤は異なります。もし、合わないコーティング剤を使ってしまったら床が傷んでしまうのです。
フロアコーティングを行う際には必ず床の種類に合ったコーティング剤を使用することが大事です。そのためには自分で判断をするのではなく、専門業者に依頼をすることがおすすめです。専門業者ならきちんとしたフロアコーティングの知識を持っているので安心して任せることができるでしょう。
また、フロアコーティングを行う時期にも注意する必要があります。フロアコーティングはなるべく新築時、入居前に行うようにしましょう。なぜなら、床にコーティング剤を使用するので家具をすべてどかさなくてはならないからです。家具の移動には手間や時間がかかってしまいますし業者に依頼をすればその分費用が上乗せされてしまいます。コストをなるべく抑えるためには入居をする前に業者に依頼するようにしましょう。

フロアコーティングの床で転倒防止

お年寄りの自宅の中での転倒が多い場所はどこだと思いますか。1位は「庭」ですが、それに続いて「居間、茶の間、リビング」「玄関」「階段」「寝室」となります。これらの室内の居室での割合を足してみると、「庭」の割合を超えています。つまり、「庭」と「室内」とで分けると、「室内」での転倒の割合の方が高くなるのです。
お年寄りが転倒すると、骨折などをして動けなくなってしまうことがあります。それがきっかけで、寝たきりになる恐れもあるのです。また、子どもやペットも床で足を滑らせて転倒し、思わぬ怪我をする場合があります。フロアコーティングされた床は、光沢があり、一見滑りやすそうに見えます。しかし、実は床が滑りにくくなるのです。お年寄りや子ども、そしてペットが安全に過ごすことが出来るようにすることは、大切です。
また、フロアコーティングを行うと、床材が保護され、子供やペットに直接キズをつけられなくなります。汚れも落としやすくなるので、床を美しいままで保つことができるのです。
以上のことから、フロアコーティングは、お年寄りや子ども、ペットがいるご家庭におすすめです。フロアコーディングを行う際には、お近くの専門業者にご相談ください。

news

TOP